FC2ブログ
ブランド化すること
2013/03/31(Sun)
私のような、個人で仕事をしていると、同業者との差別化が必要となります。

それが、自分自身をブランド化することです。

最近、久々に良い本に出会ったと思いました。


たった1年で“紹介が紹介を生むたった1年で“紹介が紹介を生む"コンサルタントになる法 (DO BOOKS)
(2013/02/07)
水野 与志朗

商品詳細を見る


キャッチは、どこにでもある本のような気がしますが、中身は、素晴らしいものでした。

ブランディングのコンサルタントとして、活躍されている方ですが、パーソナルブランディングについて、書かれた本です。

自分をブランド化するにはどうすれば良いかについて書かれた本です。水野さんの苦労話も、更に良かったですし、同調してしまいます。

私自身、自分の進むべき方向性や価値に悩んでいたからです。

会計事務所にいる時は、自分なりに自分自身のブランド化が出来ていました。独立して、半年ちょい、ブランド化に悩んでいます。

最近まで、他の仕事でそんなことも考える余裕すらなかったのですが、最近、やっと考えられる様になりました。


自分ブランディングは、コンサルタントだでなく、サービス業全般に言えることだと思います。人につく商売は対象となります。

また、会社のブランディングにも参考になる本です。

中小企業が他社と差別化するには、ブランディングが必要です。大企業などの資本力がある会社と戦うには、ブランディングが必要となります。中小企業同士でも、競争が激しい業界であってもそうです。

ブランドは、その会社のコアな部分ではありません。コアな部分を覆うような部分です。そのブランドには、ストーリーが必要です。コアを磨いても、他社も磨いているので、差別化が図りづらいのです。

どこも、技術(コア)な部分は、どの企業も磨いて差別化が生まれなくなっています。技術で圧倒的に差別化ができていれば、それ自体でブランド化です。

前にも書きましたが、ラコステのこだわりは、ブランディングそのものだと思います。アピールがいまいち出来ていないと思いますが(私もです)。

段々、私が進むべき道のイメージが付いて来ました。

これから、自分のブランド化を進めていきます。
スポンサーサイト



この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ