FC2ブログ
人とのつながり
2011/11/30(Wed)
似たようなことを前回のブログで書きましたが、仕事をする上で大切なことは、お互いの信頼関係が大切だなと最近すごく感じるようになってます。

信頼関係を作るには、お互いが目と目を合わして良いこと、嫌なことを言えないと作れないと思います。

ITの進展やスマホなどの普及により、人との繋がりが作りやすくなっていますが、お互いが信頼して付き合うにはやっぱり何度も会って交流を深めることが一番大事だと思います。

フェイスブックなどのSMSはあくまでも入り口にすぎないと思っています。当たり前のことかも知れませんが。

仕事は何でもやります、出来ます、お客さんはお金をくれたら全てお客さんですでは今はうまくいかないです。

お互いがこいつとはうまくやっていけると確信し、信頼が作れないと今後の仕事はより、上手くいかないのではと思います。

自分と合わない人と仕事をしていても、お互いにとってプラスになりません。

上手くいかない人と仕事だからといって付き合っていると、今の良いお客様を失いかねません。

悪貨は良貨を駆逐する。この言葉は、人との関係にも当てはまると思います。

但し、自分のエゴてこの人とは合わないから付き合わないとは違いますからね。

仕事は自分のポリシーやコンセプト、理念が合うかどうかだと思います。

これは、従業員の採用にも当てはまります。社員が自分の考え方や、会社の方針、理念に共感出来ない人を採用しても、お互いに不満がでて、良い仕事はできず最後は従業員はやめてしまうかもしれません。

これはお互いにとってロスです。

目先より、長いスパンで会社や自分のことを見る事が、この不透明な時代を生き抜くためには、とても重要になると最近感じます。

大企業中心に、目先の決算数値ばかりを追っています。

このような時代だからこそ、長い目で見る力を養う事が大事なのではないかと考えます。

苦しく仕事がない時でも、自分に合わない仕事は、時に断る勇気も必要です。

その勇気は、理念とポリシー(自分の生き残る道)が自分で分かっていないと出来ません。

生き残る道とは、他社にないサービスや手法です。

これ、難しいようでそうでなかったりします。当たり前の事を継続してやることでも結構他社と差別化出来たりします。

理念とポリシーは自分ヨガリではなく、ライバルや業界などの外敵環境を考えないと作れません。

この話は、色んな社長さんと話したり、自分の今とを当てはめたりして感じた事です。

強い自分、強い会社、強い日本を作っていこうという、気持が大事な時かなと勝手ながら思ってます。

思いっきりなひとり言でした。

皆さん、良い会社を作って行きましょう!
スポンサーサイト



この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ