FC2ブログ
ブログの引っ越しをします。
2014/02/25(Tue)
突然ですが、ブログの引越をします。

http://39mic.com/

そろそろ、本格的に、HPも立上げようと、準備中です。このブログには、文章だけですが、私がやっていることもHPのような感じで載せています。
まだ、文章ばかりで、素っ気もないのですが、このHPアドレスで、4月にはちゃんとしたHPを立ち上げる予定です。
名前も名乗らず、ブログをしていましたが、ちゃんと名前も載せてます。
これからも、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



この記事のURL | 仕事 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
やった分しか、返ってこない。
2014/02/18(Tue)
仕事も付き合いも、自分が頑張った分しか、返ってきません。

頑張った分の、150%なんて返ってきません。

経営者が陥りがちなのは、これだけ投資したら、150%、200%リターンがあっても良いのではないかと思うことです。

利得を得る発想なのですが、利得優先では、何も返ってきません。

利得とは、自分のことしか考えず、これだけやったんだから、もっともらっても良いんじゃないかという考えです。

これは、経営者が、陥りやすい考えです。

最近話があったのは、パート社員を従業員にする話です。

経営者が、考えたことは、パート社員の時よりも、今より150%~200%の仕事ができるか?でした。

パート社員の答えは、できません。でした。

当然なんです。いきなり、150%~200%の要求は、利得しか考えていないからです。

せいぜい、雇われの人は、120%が限界です。

150%~200%を社員に求めたら、どうなるか?

結果は、100%以下になります。

経営者は、常に、投資とリターンは考えなければなりません。

そこに、利得を考えると、結果、マイナスになります。

それは、単純です。

やったら、やった分しか返ってこない。

社長が、100%頑張ったら、100%。

社長が150%頑張ったら、150%。

社員に150%求めるなら、社長も150%頑張る。

イコールであれば、大成功。

下回れば、社長に足りない部分があった。

それだけです。

やったら、やった分しか返ってこない。

経営者の人は、忘れないでください。
この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安定は不安定
2014/02/13(Thu)
最近、若い人から聞く言葉は、

安定した企業に入ることが出来て良かった。

安定した企業こそ、自分が入るべき会社です。

などなど。

最近、安定したと思った企業が、リストラをしているのにも、関わらず、安定を、会社に求めています。

私が、新卒で入社した時、いきなり拓銀、山一証券が潰れました。

会社から、山一の看板が見えていたのですが、ある日突然、メリルリンチ証券に看板が変わったのを見て、一つの時代が終わったと思いました。

しかも、その時は、パナソニックが潰れるかもと、新聞でもてはやされました。

会社に頼って生きる時代が終わったんだと思いました。

それから、常に自分に言い聞かせていた言葉が、

安定は、不安定

です。

安定を求めていると、仕事が守りに入りませんか?

守りに入って、言われることをキチンとする人は、世の中にたくさんいます。

守りに入ると、自分のことだけ考えて、他の人のことを考えられなくなったりします。

自分はこれだけ頑張っているのに、評価されない。

そう思う人が、会社がピンチになった時に、必要な人と思われるでしょうか?

サラリーマンでも、他の人がしていないことに、チャレンジすることが、結果として、安定に繋がると思います。

出る杭は打たれない程度に。

安定を求めていたら、いつか必要とされなくなるかもしれない。

そのために、毎日、毎日、小さなことでも、チャレンジすることです。

安定は、不安定

小さな、チャレンジをし続けましょう。

その結果、人生が楽しくなり、安定なんて、気にしなくなくなると思いますよ。
この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ソニーの凋落。
2014/02/08(Sat)
ソニーが、VAIOのパソコン事業売却の報道。
また、北米市場の電子書籍撤退。

ソニーは、凋落の一途です。

何故でしょう?

私は、2001年ごろ、ソニーがダメになることを、とあるコンサルタントのメルマガで読んだ事がありました。

ソニーのサポートセンターの対応から、ソニーの凋落を確信したとのお話でした。

詳細な内容は書きませんが、当時思ったことは、成功体験による、慢心だと感じました。

ソニーは、新しいものを市場に投入して、成功しました。

みんなをワクワクさせることが、ソニーの役割だったと思います。

ソニーは、企業としては、決して規模は大きくありませんでした。

顧客が感動する商品を投入することで、評価され、会社が大きくなりました。

ソニーブランドが、世界に広がりました。

ソニーってすごい。名前だけで、良い商品だと認知されました。

ソニーという名前と独自商品を作れば、顧客は、うちの商品を買うだろう。

いつしか、独自商品は、顧客を見ない商品になっていった。

顧客を見ないで、自分たちの商品やサービスは、顧客に支持されるんだと思い込み始めたのではないでしょうか。

成功体験にすがっている、単なる慢心でしかありません。

これって、どんな企業にもありますし、個人でもあります。

自分も、そうです。

ソニーが復活するには、顧客にワクワク、ドキドキを与えることではないかと思います。
この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
勝負どころと成長すること
2014/02/07(Fri)
今、私の仕事が勝負どころにきています。

勝負時期に入ると、そのことばっかり考えています。

寝ても覚めても、考えます。

考えていると、いつどこで何をしているかも、分からなくなったりします。

例えば、今日、お風呂に入ったかも、覚えていません。

精神を勝負に集中させているからです。ワクワクします。

キツイのですが、勝負どころであるほど、楽しまないと、良い結果が生まれないと思っています。

勝負が上手くいかないかもしれません。

それでも、勝負すると決めたら、勝負して、その結果は、後で考えれば良いと思います。

勝負している時が、人の成長時期だと思います。

35歳または、40歳で、人の成長は終わると言われています。私も、そう教わりました。私は、40歳になりましたが、成長は、40歳超えても、50歳超えても成長できると確信していますし、目の前にその人を見ているからです。

多少、頭は固くなりますが、固いなりの成長は出来ます。

出来ないことを考えるより、出来る事を考える。

これが、成長することだと思います。
この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ